内視鏡検査・消化器内科

内視鏡検査・消化器内科の予約はこちら

ご案内

胃・腸・食道・肝臓・膵臓・胆道などの消化器についての診察を行います。

当院では、医師による診察に加えて、胃・大腸カメラ検査や、ピロリ菌感染検査、血液検査、超音波検査も提供しています。また、つらくない・痛くない胃・大腸カメラ検査が提供できるよう、鎮静剤を利用し、うとうとした状態で検査を受けることも選択いただけます。検査は内視鏡専門医が対応し、ご希望によっては女性医師による対応も可能です。

  • 胃痛・胸焼け

  • 腹痛・下痢・便秘

  • 血便・下血・便潜血

このような方を対象にしています

  • 腹痛・胃痛・胸焼け

  • 食欲不振・吐き気

  • 胃透視検査でひっかかった

  • 健康診断などでピロリ菌を指摘された

  • 下痢または便秘

  • 便潜血検査で陽性診断

  • 血便・下血症状

  • 過去に大腸ポリープがあった

対象疾患

  • 胃下垂
  • 胃潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌
  • 機能性ディスペプシア
  • ポリープ
  • 胃・大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • 過敏性腸症候群
  • クローン病
  • 虚血性大腸炎
  • 内痔核・外痔核
  • 食道静脈瘤
  • 食道裂孔ヘルニア
  • GIST

当院の検査

  • 1 診察

    ご回答頂いた問診を元に詳しくお困りの症状やお悩みをお伺いします。いつからどのような症状が続いているのか、詳しくお話しください。診察にて検査が必要と判断した場合は各種検査をご提案しますが、お薬にて症状の快方が期待できる場合は検査はせずに経過観察する場合もございます。まずは、お気軽にご相談ください。

  • 2 胃カメラ

    胃カメラ検査では消化管に、カメラと光源が付いたスコープを挿入することで咽頭・食道・胃・十二指腸の一部の粘膜を直接観察できます。粘膜の色調の変化や微細な凹凸の状態などを観察でき、胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎などの消化器疾患の診断、咽頭がんや食道がん、胃がんや十二指腸がんの早期発見に役立ちます。

    詳しくはこちら
  • 3 大腸カメラ

    大腸内視鏡(大腸カメラ)は、下部消化管内視鏡ともよばれ、大腸粘膜を直接観察できる検査です。 また検査中に見つかった大腸ポリープは、大きさによりますがその場で切除し、大腸がんの予防をすることも可能です。 現在、多くの方が亡くなられている大腸がんは発見が難しい病気ですが、早期発見・治療すれば完治が見込める病気です。

    詳しくはこちら
  • 4 ピロリ菌検査

    ピロリ菌の検査には、内視鏡を使って直接胃の組織を調べる方法と、呼気(吐く息)を採ってその中に含まれている二酸化炭素を調べる方法、血液や尿で抗体をみる方法、便の中にピロリ菌の抗原があるかみる方法の4つがあります。当院では呼気(吐く息)を採ってその中に含まれている二酸化炭素を調べる検査を実施しています。

    検査方法としては、容器に息を2回吐いて、呼気を調べます。ピロリ菌の持っている「ウレアーゼ」という酵素は尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解しますが、このときの二酸化炭素は吐く息の中に出てきます。最初に呼気を採取し、その後特殊な尿素製剤である試験薬を飲んでから20分ほど置いてから再び呼気を採取します。

    30分ほどで終了する簡単な検査で、特に除菌治療をした後、高精度に除菌できたかの判定によく使われる検査法です。

お電話でのご相談

03-6264-6303
Web予約
03-6264-6303
Web予約